こころがたり CD3枚組

申込番号:249374

価格:
5400円(本体価格)
5832円(税込価格)
数量:

寂聴さんが語りかける、「とっておきの人生案内」。
おもしろおかしく、だけど真摯な「こころのおはなし」、
腰を落ち着けてじっくり聴いてみませんか?

人生に本当に必要なこととは何か。
瀬戸内寂聴さんが、やさしくおもしろく、そして真摯に語った3枚組のCDです。
いつでもどこでも聴ける、寂聴さんの法話の真髄を集めたベストセレクションです。
全48ページの別冊解説書には各巻のあらすじに加え、
話に出てくる一部の言葉について用語解説を掲載しています。
オリジナルデザインの特製収納箱入りで、贈り物にもおすすめです。
●内容:CD3枚組、別冊解説書(全48ページ)、特製収納箱
●サイズ:縦15×横18×厚み4cm(特製収納箱)
●メーカー希望価格:6,300円
●生産国:日本
●メーカー名:(株)エニー

●各巻の内容: 

DISC1【愛するということ】/58分56秒

1. 人間の愛とは:12分45秒

2.岡本かの子の愛:16分43秒

3.お釈迦さまとウッパラヴァンナー:23分20秒

4.死ぬまで愛していきましょう:6分06秒

 

「人を愛し、愛されることに苦しんだ者だけが、本当の人間の幸せとは何かということを探り当てるような気がいたします。」

岡本かの子や、お釈迦さま、ウッパラヴァンナーの例をとりあげて、生きる喜びにもなり、また、これ以上ない苦しみの源でもある愛について語った、寂聴さんからの人生応援歌。愛に苦しまない人など、いないのです。

※1988年7月12日 京都嵯峨の「寂庵」において収録

 

DISC2【生きるということ】/57分06秒

1. 北京で終えた終戦:12分24秒

2.小説家への道:16分13秒

3.出家を決意:6分05秒

4.今東光先生のお導き:12分22秒

5.「瀬戸内寂聴」誕生9分59秒

 

「人間が生きるとは、自分の中にある可能性の芽を見出して、それに栄養を与えて育て、大輪の花を咲かせる、その事が生きること。」

※1988年12月20日、京都嵯峨の「寂庵」において収録

 

DISC3【老いて華やぐ】/57分05秒

1.老いてこそ:13分22秒

2. 死は未知の道:8分57秒

3.「女徳」のモデル智照尼さん:6分38秒

4.白い棺と赤い棺:14分44秒

5.年をとらない秘訣:13分23秒

 

「人間は誰でも老いるものです。どうせなら、心を明るく持って、楽しく老いたいものじゃないですか。」「女徳」のモデルとなった智照尼、荒畑寒村、宇野千代など、スーパー老人の生き方を通して語る、「素敵な老い方」講座。 「生きていることは楽しいけれども、老いもまた楽しい、死もまた楽しいことがあるのではないか…という風に考えて、私は生きたい。」

※1989年2月27日、京都嵯峨の「寂庵」において収録

※この商品は、(株)文藝春秋より、文春カセットライブラリー寂庵カセット法話「愛するということ」(1988)、「生きるということ」(1989)、「老いて華やぐ」(1989)として、それぞれが発売された製品をCD化しセットとしたものです。
※今回のCD化にあたり、最新のデジタル技術を用いて音質改善に努めましたが、一部でお聞き苦しい部分がございます。ご了承ください。


この商品に対するご感想をぜひお寄せください。


TOP