近大、新型コロナ自宅療養の1人暮らし学生に1週間分の食料支援

公開日時:2021-09-03 12:20:05  
カテゴリ:事例/その他

近畿大学
近畿大学
食料支援で提供予定の食材
食料支援で提供予定の食材
画像出典:近畿大学
 近畿大学は2021年9月6日より、新型コロナウイルスに感染して保健所から自宅療養の指示を受けた1人暮らしの学生を対象に、食料の無償提供による支援を実施する。レトルトカレーや野菜ジュース等、約1週間分の食料を必要な学生に即日届けるという。

 近畿大学はこれまでに、新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮した1人暮らしの学生約750人に食料の無償配付を行う等の学生支援を行ってきた。今回、若年層の感染が増加している状況を考慮し、自宅療養で食材確保が難しい1人暮らしの学生を対象に、新たに約1週間分の食料を無償提供する取組みを開始する。

 支援の対象は自宅療養する1人暮らしの学生、大学院生、留学生等、全学部対象。近畿大学の学生全員を会員として組織する近畿大学学園学生健保共済会・東大阪支部の協力のもとに実施する。提供する食材は、ご飯6パック、フルーツ缶3缶、卵スープ5食、野菜ジュース6パック、野菜バー1パック、レトルトカレー5パック、パスタ1kg、パスタソース2種類3パック、インスタント麺5袋等。約1週間分の食料を学生に届ける。

 近畿大学では、新型コロナウイルスに感染した学生は大学に連絡することになっており、現状確認の際に1人暮らしかつ食料配付を希望するかどうかを併せて確認し、希望者には即日食料を配送する。なお、感染拡大防止のため、配達を依頼する際は「置き配」の指定を徹底するという。なお、支援の終了は感染拡大の状況によって検討するとしている。
<畑山望>