【現場から発信、先生掲示板】Teamsを活用した生徒による授業評価(中学・数学)

公開日時:2021-11-30 16:20:04  
カテゴリ:事例/ICT活用

「現場から発信、先生掲示板」学校現場で活躍する先生からの投稿募集
「現場から発信、先生掲示板」学校現場で活躍する先生からの投稿募集
授業終了10分前には「授業スレッド」が投稿される
授業終了10分前には「授業スレッド」が投稿される
返信機能を使って、疑問の解消や学びをさらに深める
返信機能を使って、疑問の解消や学びをさらに深める
「数学チャネル」の注意点等もTeamsで周知
「数学チャネル」の注意点等もTeamsで周知
【現場から発信、先生掲示板】Teamsを活用した生徒による授業評価(中学・数学)
【現場から発信、先生掲示板】Teamsを活用した生徒による授業評価(中学・数学)
 リシードは、学校現場で働く先生方から授業等での実践例、先生になって良かったと思うエピソード等を募集する企画「現場から発信、先生掲示板」を実施している。今回は、中学校の先生によるMicrosoft Teamsを使った生徒による授業評価の事例を紹介する。

こんな使い方してますICT

中学校 数学

Microsoft Teamsを使った生徒による授業評価の事例

 私はMicrosoft Teamsの機能を活用して、即時的な「生徒による授業評価」を実践しています。

 本校では生徒全員がBYODによるWindowsをベースとしたタブレットパソコンを所有し、学習の道具として学校でも自宅でも常に活用できる環境にあります。また、Microsoft Office 365が採用されており、学習支援ソフトとしてMicrosoft Teamsが活用されています。 

 Microsoft Teamsでは、各学級の他、委員会や部活動ごとのチームが作成されていて、連絡手段として多く活用されています。私は、学級のチームの中に「数学チャネル」を開設しました。そして授業時間ごとに、授業内容や授業で用いたワークシート等を投稿するようにしました。これを「授業スレッド」とよんでいます。

「数学チャネル」の注意点等もTeamsで周知

 「授業スレッド」の内容は授業前にあらかじめ作成しておき、Microsoft Power Automateを使って授業終了10分前に投稿されるように予約しておきます。生徒には、授業終了直前または終了後に「授業スレッド」を確認し、その授業について自己評価し、授業内容の理解度に応じて「サムズアップ」等のスタンプを押すよう指示しています。NHK番組「ガッテン!」のようなイメージです。スタンプを押す操作は、生徒にとって負担も少なく、即時的な「生徒による授業評価」として役立ちます。

授業終了10分前には「授業スレッド」が投稿される

 スタンプを押すときの生徒の表情や、なかなかスタンプを押せない生徒の姿を観察し、休み時間等に声をかけることもできます。また、スタンプの数に応じて、次にどの程度復習するべきかについても考えることができます。「スタンプ」の使用方法を少しだけ工夫して、生徒の理解度に合わせた授業づくりに役立てています。

 また、生徒が授業内容について疑問をもった場合や、より深く探究したりした場合には、「返信」機能を使って「授業スレッド」の下に投稿することも許可しています。生徒は自らが考えたこと等をMicrosoft WordやMicrosoft PowerPointにまとめたり、紙に書いたものを写真で撮ったりして、投稿しています。仲間の投稿に対して別の生徒が応答し、より深めたり、互いに疑問を解消したりしているようすが見受けられます。

返信機能を使って、疑問の解消や学びをさらに深める

 このように、生徒による投稿を許可することで、場所や時間の制約を越えて、数学談義がいつでも花開いています。

<横浜国立大学教育学部附属横浜中学校 数学科 八神純一先生>

現場から発信、先生掲示板

 リシードは、学校現場で働く先生方から授業等での実践例、先生になって良かったと思うエピソード等を募集する「現場から発信、先生掲示板」を実施している。テーマは、「こんな授業やってみました」「こんな使い方してますICT」「先生っていいぞ」等。いずれかのテーマに沿った記事を募集している。記事を執筆いただいた先生へは、リシードオリジナル「ReseEd Teacherメダル」(データ)が贈られる。

「現場から発信、先生掲示板」詳細はこちら
<編集部>