【相談対応Q&A】知能検査を受けたくない

公開日時:2021-12-10 18:50:04  
カテゴリ:事例/その他

画像はイメージ
画像はイメージ
 学校に寄せられるさまざまな相談。保護者や地域からの相談に先生はどのように対応するのが良いだろうか?クラス担任として豊富な経験がある鈴木邦明氏に、学校へ寄せられるさまざまな相談に対応する際のポイントを聞いた。第63回のテーマは「知能検査を受けたくない」。

知能検査は人間ドックのようなもの

 このところ、発達障害をテーマとする記事を書いてきました。発達に偏りがある子供においてとても重要になるものが「知能検査」です。子供に対しては「WISC-IV」等が現在よく行われているものです。そういった検査は教員の立場からすると、その子供との関わりを考えるうえでとても頼りになるものです。ただ、親の中には、知能検査等に拒絶反応のようなものを示す人もいます。今回は、「知能検査を受けたくない」をテーマとしたいと思います。

 私は現在の大学で教員養成に携わっています。その前は22年間、小学校の教員をしてきました。学級担任として多くの子供や親と関わってきました。そういった中で、教員から見て、知能検査を受け、適切なケアを受けた方が良いと思われる子供なのに、親がそういったものを拒否するようなケースに出会うことが時折ありました。もちろん在籍は通常学級になるのですが、なかなか適切なケアを受けることもできないことが多いです。子供本人にとっても、周りの人(友達、担任等)にとってもあまり良いとは言えない状況が続くことが多かったです。

 私はそういったケースに接した時、「知能検査は普通の病気の場合の人間ドックのようなもの」と親に伝えていました。癌等の通常の病気の場合、検査をすること無しに手術をすることはあり得ません。たとえば、胃の調子が悪かったら、バリウム等を飲んでレントゲン写真を撮ったり、胃カメラを飲んで細部を検査したりします。もちろん、血液検査等もするでしょう。そのように色々な検査をしたうえで、手術をするのか、化学療法にするのか等を決めていきます。状況によっては、さらにそういったデータをもとに他の医者の意見を聞くこと(セカンド・オピニオン)をする人も多いです。先ほども書いたように、検査をしていなかったら、医者はお手上げなのではと思います。

知能検査で状態を把握し、適切なケアを

 発達に偏りのある子供にとって、知能検査は通常の病気の際の人間ドック等の検査に相当すると私は考えています。発達に関し、その子供の状態がわかることで、次に取るべき方策が見えてきます。知能検査等を受けない状態は、胃の詳細な検査をすること無しに開腹手術をしようとしているようなものだと思います。知能検査によって、その子供の強い部分、弱い部分が見えてきます。子どもが受ける「WISC-IV」の場合、「言語理解」「知覚推理」「ワーキングメモリー」「処理速度」の項目となっています。そういった状態が把握できるからこそ、適切なケアをすることが可能となります。弱い部分をケアしていくことで、トラブル等を防ぐようにしていくことができます。トラブルが減ることで、自己肯定感が低くなることを防ぐこともできるようになります。また、強い部分をさらに伸ばしていくことで、その子供が活躍できるようにしていくこともできます。将来の職業選択とも関係してくる場合もあります。私は、知能検査は発達に偏りのある子供だけでなく、すべての子供が受けた方が良いのではと思っています。そういったことが、親や教師の子供の関わり方に良い影響を与えると思います。

 本企画では、読者の皆さまからの質問を受け付けています。下記のボタンをクリックして表示されるフォームより送信ください。実際に学校へ寄せられた相談の他、保護者が学校へ伝えた相談等、鈴木先生に対応方法を聞いてみたい相談事例を募集します。

質問をする

【シリーズ名変更のお知らせ】「クレーム対応Q&A」シリーズにおきまして、長期連載する中で、クレームではない保護者からの相談についても、このシリーズ内でご紹介してまいりました。特に悩みを抱える保護者からの相談につきまして「クレーム」という表現は相応しくなく、シリーズ名を「クレーム対応Q&A」「相談対応Q&A」と分けることにいたしました。ご意見をいただいた読者の方に感謝申し上げるとともに、ご不快に思われた方々にお詫びを申し上げます。

鈴木 邦明(すずき くにあき)

平成7年 東京学芸大学教育学部 小学校教員養成課程理科専修卒業。平成29年 放送大学大学院文化科学研究科生活健康科学プログラム修了。神奈川県横浜市、埼玉県深谷市で計22年、小学校教諭として勤務。現場教員として子供たちの指導に従事する傍ら、幼保小連携や実践教育をテーマとする研究論文を多数発表している。こども環境学会、日本子供学会等、多くの活動にも関わる。平成29年4月からは小田原短期大学特任講師、平成30年4月からは帝京平成大学講師として、子供の未来を支える小学校教諭、幼稚園教諭、保育士等の育成や指導に携わる。
<鈴木邦明>