GIGAに先駆けた都立三鷹中等教育学校の実践…iTeachers TV

公開日時:2022-04-27 19:15:07  
カテゴリ:事例/ICT活用

iTeachers TV「公立学校における一人1台端末を平成28年度から6年間運用してみて」
iTeachers TV「公立学校における一人1台端末を平成28年度から6年間運用してみて」
画像出典:iTeachers TV
能城茂雄先生「公立学校における一人1台端末を平成28年度から6年間運用してみて」
能城茂雄先生「公立学校における一人1台端末を平成28年度から6年間運用してみて」
画像出典:iTeachers TV
iTeachers
iTeachers
 iTeachers TVは2022年4月27日、東京都立三鷹中等教育学校の能城茂雄先生による教育ICT実践プレゼンテーション「公立学校における一人1台端末を平成28年度から6年間運用してみて」を公開した。GIGAスクール構想に先駆けた6年間の1人1台端末の取組みや成果等を紹介する。

 iTeachers TVは、教育ICTを通じて「新しい学び」を提案する教育者チーム「iTeachers」による教育ICT情報番組。先生や生徒、教育関係者をゲストに招き、ICTを活用した「新しい学び」の実践や取組みをプレゼンテーション形式で紹介する。

 今回のゲストは、東京都立三鷹中等教育学校主幹教諭の能城茂雄先生。「公立学校における一人1台端末を平成28年度から6年間運用してみて」と題して、4月20日に前編(Vol.316)、4月27日に後編(Vol.317)を公開した。能城先生は、2020年度に視聴覚教育・情報教育の功労者として文部科学大臣表彰を受賞。文部科学省学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的作業等協力者(共通教科情報)にも選出。Adobe Education Leader(AEL)、マイクロソフト認定教育イノベーター。

 前編では、東京都教育委員会より2016年度(平成28年度)〜2019年度(令和元年度)に「ICTパイロット校」、2020年度(令和2年度)〜2021年度(令和3年度)に「Society5.0に向けた学習方法研究校」の研究指定を受けた東京都立三鷹中等教育学校のICT整備状況や取組みを紹介。GIGAスクール構想の先駆けとして、生徒1人1台端末を6年間運用して見えてきた成果と課題を語る。

 後編では、東京都立三鷹中等教育学校における1人1台端末とコンピュータ教室(CALL教室)との棲み分けを解説。情報科を担当する立場から、2022年度(令和4年度)より高校段階で始まった1人1台端末の有効性、2022年度より東京都が都立高校に入学する生徒に開始したCYOD(Choose Your Own Device)による端末整備についても伝える。

 番組後半には「教育ICTなんでも3ミニッツ」コーナーを収録。前編では同志社中学校の反田任先生による「シンプルで便利な席替アプリ」、後編では森村学園初等部の榎本昇先生による「iMovieでマジックムービー」を紹介する。

 番組は、すべてiTeachersのYouTubeチャンネルで視聴できる。毎週水曜日の夜に「iTeachersTV〜教育ICTの実践者たち〜」シリーズの新作を公開している。これまでに317回の番組を配信しており、過去の番組も視聴できる。

◆iTeachers TV【Vol.316】東京都立三鷹中等教育学校の能城茂雄先生

「公立学校における一人1台端末を平成28年度から6年間運用してみて」前編

◆iTeachers TV【Vol.317】東京都立三鷹中等教育学校の能城茂雄先生

「公立学校における一人1台端末を平成28年度から6年間運用してみて」後編
<奥山直美>