現役高校生がSurface Laptop SEを体験、高いパフォーマンスとその価格に驚きの声

公開日時:2022-06-13 17:15:08  
カテゴリ:ICT機器/授業

3人は、Surface Laptop SEの高いパフォーマンスと価格に驚いたようだった
3人は、Surface Laptop SEの高いパフォーマンスと価格に驚いたようだった
撮影:市原達也
 2022年度から高校での新学習指導要領の実施が本格的にはじまり、その学びを支えるICT環境の整備と活用に注目が集まっている。今回、パソコンやタブレット端末、スマートフォン等の利用実態を明らかにするために、現役高校生3人との座談会を開催。年初より日本マイクロソフトから発売された教育機関向け「Surface Laptop SE」を体験してもらった。

座談会に参加した高校生

岡田さん:高校1年生(都立高校)…学校では私物のスマートフォンのみ使用

西本さん:高校1年生(都立高校)…学校のデスクトップパソコンを使用、私物のノートパソコンを持ち込み可

白井さん:高校1年生(私立中高一貫校)…学校支給のタブレットや学校のデスクトップパソコンを使用

※いずれも仮名

※学年は取材を実施した2022年3月時点

デジタルデバイスの使用状況は3者3様

--通っている高校の授業におけるデバイスの使用状況を教えてください。

岡田さん:中学校ではタブレットが1人1台配布されていましたが、高校に入学してからはタブレットやパソコンはまだ配布されていません。今、授業では電子辞書や自分のスマートフォンを使っていますが、2年生からはパソコンが配布される予定です。

西本さん:中3の最後に1人1台のタブレットが配られましたが、高校ではパソコン室にあるWindowsのデスクトップパソコンを使ってMicrosoftのWordやPowerPoint等の基本的な使い方、AdobeのPhotoshopを使った画像編集の方法を学びました。

白井さん:私立の中高一貫校に通っていますが、中学からタブレット端末が1人1台配布されて授業で利用しています。「情報」の時間では、パソコン室で1人1台のデスクトップパソコンを使って、タイピングの練習やExcelの使い方を学んでいます。

授業だけでなく自宅でも利用が進む

--今、自分が持っているデバイスで便利だと感じることを教えてください。

西本さん:自分が持っているWindowsパソコンにはPowerPointやWordが入っているので、学校の授業で書き切れなかったレポートを家に帰ってから書いて、学校の共有ファイルに置くことができます。学校のアカウントでMicrosoft Teamsも入っているので、学校の連絡やオンライン授業も自分のパソコンでできます。また、コロナもあって、欠席者のためのプリントや資料配布もTeams上で行われています。

白井さん:タブレット端末は、授業中にわからない英単語等を調べられて便利です。数学、英語、国語の教科書はタブレット端末に入っていて、特に英語は便利ですね。毎朝20単語ずつ英単語のテストがあって、それをタブレット端末で受けています。数学の問題集も入っていて、解いた結果を記録として残しています。

授業以外にも 学校生活のさまざまなシーンでデジタルデバイスを活用しているという

スマートフォンでは難しい、オンライン授業の視聴や長文の文字入力

--反対に、不便だと感じたことを教えてください。

岡田さん:普段の授業で調べものがある場合は、ほとんどみんなスマートフォンを使いますが、誘惑がたくさんあるので集中力が途切れますし、パソコンのようにちゃんと授業に向き合う姿勢を保つのが難しいです。

西本さん:私はスマートフォンだとマルチタスクがやりにくいといつも感じます。検索してまたブラウザにバックして共有するといったことを繰り返すと時間もかかりますし、非効率なのでパソコンを使うようにしています。

白井さん:キーボードが付属していないタブレット端末を使用しているため、スクリーンキーボードを使ってローマ字入力をしていますが、論文やレポート等の長文は打ちにくいと思います。

--オンライン授業で困ったことはありますか。

岡田さん:Teamsでオンライン授業を受けていますが、スマートフォンで見るとやっぱり小さい画面に資料が表示されるので字がぼやけます。最初はカメラやマイクをオンにするように先生から指示がありましたが、マイクだけでもすごくザラザラと音が聞こえるので、先生に指名されたときだけマイクをオンにして答えています。

西本さん:パソコンを持っていない人はスマートフォンからオンライン授業に参加していますが、みんなやっぱりパソコンが欲しいと言っています。スマートフォンだとぜんぜん見えないので。

--タブレット端末、スマートフォンを持っているお二人は、これからパソコンを欲しいと思いますか。

白井さん:ちゃんとしたキーボードがついているパソコンのほうがやっぱり他のデバイスよりもできることが増えるので欲しいです。

岡田さん:家には父が使っているパソコンしかないので、春から大学生になる兄がパソコンを何にするかと話していました。やっぱり自分専用のパソコンが良いと思います。これまであまりパソコンに触れる機会がなかったのですが、周りにはタイピングが早い人もいて、パソコンを使っていろんなことをやっていると聞くと、とても焦りを感じます。

Surface Laptop SEは軽くてかわいい、しかもサクサクと動く

Surface Laptop SEの軽さに驚く3人

 今回、3人には子供たちの教育に特化したPC「Surface Laptop SE」を体験してもらった。Surface Laptop SEは新しいOSのWindows11 SEとともに一から開発されたマシンだ。静音キーボードや顔追尾機能が付いたHDカメラ、解像度の高い11.6 インチ ディスプレイ、USB-A・USB-C搭載、バッテリーは最大16時間と、学校生活に最適化されたスペックだ。

 現役高校生である3人の目に、Surface Laptop SEはどのように映ったのだろうか。

--今日はSurface Laptop SEをいろいろと使っていただきましたが、印象はいかがでしたか。

岡田さん:これまであまりパソコンに触れる機会がありませんでしたが、家にあるものよりも小柄でかわいいです。動きもびっくりするほどスムーズで、欲しくなっちゃいました。

 また、パソコンのキーボードはカチカチと大きな音が鳴る印象でしたが、Surface Laptop SEのキーボードはとても静かに打てるので、静かな環境でもあまり人の迷惑にならずに作業できそうだと思いました。

西本さん:今、自分が使っているパソコンよりもめちゃめちゃ使いやすいし、デザインもすごく親しみやすいですね。とてもコンパクトで軽いので、高校だけでなく大学に行ってからもかなり使えると思いました。

 実際に使ってみると、アプリの起動が速いことに驚きました。スタートメニューからPowerPointを起動すると1秒か2秒ぐらいで起動します。これなら授業でもたつかずにサクサクと作業が進むと思います。

白井さん:Surface Laptop SEはスリープ状態からでも瞬時に起動したのが印象的です。Windowsのパソコンはいちいちシャットダウンしないといけないイメージでしたが、これならストレスなく使うことができそうです。

キーボードの打鍵音は静か

本体の起動やアプリの起動も速い

マインクラフトもスムーズに動く

--PowerPointの「変形効果」を使った自動でアニメーションを付けられる機能についてはいかがですか。

西本さん:驚きました。スライドを複製し、複製したほうのスライドのオブジェクトを移動して画面切り替え効果の「変形」を適用すると、自動で2枚のスライドを繋ぐ滑らかなアニメーションが作られます。まるでプロが作った動画のようになるので、こんなことができるのかと思いました。面白いプレゼンができそうです。

PowerPointの画面切り替え効果「変形」でプレゼンのクオリティ向上が期待できる

岡田さん:中学校で一度、資料をPowerPointで作ったことがありますが、そのときはオブジェクトごとに1つずつアニメーションを付けていて、とても時間がかかりました。でも、これならば簡単にできるし、本当に人の興味を惹きつけられるものがすぐにできると思います。あまり触ったことがない私でもPowerPointはすごいと思いました。使っていて動作もカクカクしないのでびっくりです。

--教育版マインクラフトも試していましたね。

西本さん:めちゃめちゃ綺麗に動いてくれて、ストレスは全然なかったです。

岡田さん:小さいころにマインクラフトをやった思い出があって、ものすごくカクカクしていた印象ですが、違うアプリと思えるほど滑らかに動いたのでびっくりしました。

白井さん:私も以前やっていましたが、自分のiPhoneでさえカクカクするので、こんなに滑らかに動くのはすごいです。

教育版マインクラフトも快適に利用できる

--現在使っているPCやタブレット、スマートフォンとの違いを教えてください。

白井さん:タブレット端末のカメラは動きが速いとぶれることが多いですが、Surface Laptop SEのカメラは顔追尾機能があって、ぶれずにスムーズに映るのでオンライン授業にも向いていて良いと思います。

 また、高校の卒業時に論文を書くので、長文を打つならばスマホやタブレットではなく、こうした使いやすいキーボードのあるパソコンは欲しいです。

西本さん:同じく、タブレット端末のスクリーンキーボードと違い、キーボードが使いやすいのでレポートもはかどりそうです。

 それと、カメラの画質が良いです。オンライン授業でバーチャル背景を使うので、背景と自分の顔を合成するときには画質が大事だと感じます。ここにいる3人全員が映るほど画角が広いので少人数のオンライン会議にも向いている印象があります。

 自分が使っていたパソコンよりもWindowsやMicrosoft 365のさまざまな機能が使いやすいと感じましたし、わざわざパソコン室へ移動しなくてもこれ1台で済むことがたくさんあると思います。自分の学校も全生徒のパソコンを、このSurface Laptop SEにして欲しいです。

岡田さん:これまでスマートフォンは小さいので持ち運びやすいし、パソコンは扱いづらいイメージがありました。でもまだパソコンに慣れていないだけで、やっていくうちにどんどん使いこなせるようになれば、絶対にスマートフォンよりもパソコンのほうが良いと感じます。教科書1冊分くらいの軽さなのでSurface Laptop SEは良いですね。学校の先生にもお勧めしたいです。

持ち運びしやすいサイズと軽さ

--Surface Laptop SEは2万円台で購入できます。この値段を聞いたときにどう思いましたか。

西本さん:今、使っているパソコンは5年前に13万円くらいでした。でも、それよりも高いと思っていたのでびっくりしました。これが2万円台だと思う人はいないんじゃないかと思います。

白井さん:私も予想していた値段よりも大きく下回っていて、残っているお年玉でも買える金額じゃないかと驚きました。

岡田さん:私は最初、Surface Laptop SEを見た時に20万円ちょっとの値段だと思いました。性能が高いのに値段がこんなに安いのは驚きです。高校入学と同時に電子辞書を買いましたが、その電子辞書よりも安いので本当に信じられないです。

--今日はありがとうございました。

 今回の取材に参加していただいた3人の高校生は今回の体験を通じて、スマートフォンやタブレットではなくパソコンを使うことのメリットをあらためて実感していたようだ。また、学生生活のさまざまなシーンを想定して設計されたSurface Laptop SEが、彼らが現在抱えているICT環境の課題の多くを解決する力をもっていることがわかった。

3人は、Surface Laptop SEの高いパフォーマンスと価格に驚いたようだった

 Surface Laptop SEは、オンライン学習に最適化されていると同時に、オフラインでの利用も可能なため、ネットワーク環境が悪くても学びが止まることはない。頑丈な作りと修理のしやすさ、2万円台の価格設定は導入する学校としては心強く、端末だけではなく他の機材や教育アプリに予算の余力を生む可能性もある。今後、より良い学校生活を送るためのICT環境を実現するには、Surface Laptop SEのような低価格で堅牢な、パフォーマンスに優れたパソコンがますます求められることだろう。

Surface Laptop SEの詳細や、貸し出しに関するご相談

・教育機関担当者様向けSurface専用 お問合せ窓口

 フリーダイアル:0120-913-364

 受付時間:月曜日〜金曜日9:00〜17:30(祝祭日、年末年始、マイクロソフト休業日を除く)

・Surface Laptop SEの詳細はこちら

 Surface for Education|学びのデバイスも、次のステージへ

・Surface Laptop SEの無料セミナーはこちら

 【教育関係者必見】新登場!子どもたちのために作られた、最もお手頃な Surface Laptop SEを徹底解剖!
<佐久間武>


関連記事