未来の先生フォーラム「英語プログラム」8/2…東新宿会場も

公開日時:2022-06-30 17:15:08  
カテゴリ:イベント/教員

未来の先生フォーラム2022
未来の先生フォーラム2022
画像出典:未来の先生フォーラム2022実行委員会
8月2日のプログラム
8月2日のプログラム
画像出典:未来の先生フォーラム2022実行委員会
 日本最大級の教育イベント「未来の先生フォーラム」実行委員会は、2022年8月2日開催の「2030年の英語教育を考える」の全プログラムを公開した。当日は、東新宿会場とオンラインによるハイブリッド形式で開催する。参加料は会場が600円、オンラインは無料。

 未来の先生フォーラムは、社会の動向を理解し、自ら学び、専門性を向上させたいと願う先生たちをはじめ、教育業界の関係者が来場し、相互に学びあう日本最大級の教育イベント。未来の先生展として2017年に初開催以降、毎年2日間で延べ約3,000人が参加。2022年度は8月1日〜7日の7日間にわたり、各日、探究学習や教育ICT、PBL等の個別テーマを設け、有識者による講演等が行われる。

 今回全プログラムが公開となった8月2日のテーマは「2030年の英語教育を考える」。当日は、小泉利恵教授(清泉女子大学言語教育研究所)による招待講演「校内英語スピーキングテストにおける現状と今後」から始まり、米国大学の最新入試事情や、ICT活用、TOEIC Programの活用、AIアプリを使用した小学校での英語、新学習指導要領に対応した英語教育等、さまざまな取組みから英語教育を考えるプログラムとなっている。

 8月2日は、東新宿会場「快・決いい会議室 HALL B」とオンラインでのハイブリッド形式で、各種プログラムを実施する。参加料は会場が600円、オンラインは無料。チケットは、Peatixで購入することができる。

◆未来の先生フォーラム2022

開催日:2022年8月1日(月)〜7日(日)の7日間

時間:平日18:00〜20:50、土日10:00〜17:00

※8月2日(火)のみ10:00-20:50

※8月7日(日)のみ17:30〜18:30に「参加者振り返り会」を実施

会場:オンライン(8月2日のみ会場あり)

対象:国内の教員・教育関係者、教育に関心のある一般

参加費:無料 ※参加者振り返り会1,000円・8月2日リアル参加600円

申込方法:Peatixから受け付ける

【8月2日「2030年の英語教育を考える」】

会場:快・決いい会議室 HALL B(東京都新宿区歌舞伎町2-4-10 KDX東新宿ビル3F)またはオンライン

<プログラム>

10:00〜11:00(ハイブリッド)招待講演「校内英語スピーキングテストにおける現状と今後」

11:20〜11:50(オンライン)米国大学「教育学研究科」が今後の日本の英語教育にどう貢献するのか?米国大学の最新入試事情

13:00〜14:00(ハイブリッド)招待講演「英語教育とICT活用-2030年の授業を構想する-」

14:10〜14:40(オンライン)生徒と学び続ける英語教師-実践的な英語力の習得に繋げる授業とTOEIC Programの活用-

14:50〜15:50(ハイブリッド)招待講演「活動型英語授業を実現するアクティブイングリッシュプログラム」

16:00〜16:30(未定)Creating effective English tests(良質な英語テストの作り方)

16:40〜17:10(未定)AIアプリを使用した小学校での英語活動・授業におけるギガスクール構想でのデジタル(アプリ)とアナログの融合授業

18:00〜18:50(オンライン)招待講演「英語教育改革の全体像と指導・評価-新学習指導要領に対応した英語教育を実践する-」

19:00〜19:50(ハイブリッド)先生と生徒のための“英語4技能対応授業”実現AIツールトレパで「英語の学びをイノベーションする」

20:00〜20:50(オンライン)招待講演「英語教育の意義(why)・原則(what)・指針(how):AI時代の再定義」
<川端珠紀>