書籍「学校教育の未来を切り拓く探究学習のすべて」8/12発売

公開日時:2022-08-05 17:15:04  
カテゴリ:教材・サービス/その他

学校教育の未来を切り拓く 探究学習のすべて−PC×Rサイクルによる指導原理と評価法−
学校教育の未来を切り拓く 探究学習のすべて−PC×Rサイクルによる指導原理と評価法−
図表を多用し、具体的に解説
図表を多用し、具体的に解説
探究学習に関する意欲(モチベーション)を高めるポイントも紹介
探究学習に関する意欲(モチベーション)を高めるポイントも紹介
「探究学習のPC×Rサイクル」は、小学校低学年から社会人まで応用可能な指導理論
「探究学習のPC×Rサイクル」は、小学校低学年から社会人まで応用可能な指導理論
巻末付録として、評価ツール等も複数掲載
巻末付録として、評価ツール等も複数掲載
 合同出版は2022年8月12日、書籍「学校教育の未来を切り拓く 探究学習のすべて−PC×Rサイクルによる指導原理と評価法−」を刊行する。定価は2,000円(税別)。全国の書店、ネット書店各店で販売する。

 書籍「学校教育の未来を切り拓く 探究学習のすべて−PC×Rサイクルによる指導原理と評価法−」は、探究学習を先行的に研究し、授業実践を行ってきた環境探究学研究会が、指導理論・評価基準・評価方法をまとめた一冊。

 「探究学習のPC×Rサイクル」とは、P=課題解決(Problem solving)、C=結論(Conclusion)の各過程において、R=振り返り(Reflection)を繰り返すという探究学習の指導理論のこと。連動した評価法もあわせてツールも開発され、児童・生徒にとってわかりやすく、すぐに実践可能で効果的な形にシステム化された理論といえる。

 書籍は2部構成。1部では、「探究学習のPC×クロスRサイクルの指導法」について、第1章〜第6章わたり、評価方法・中観点別指導方法・探究意欲を向上させる方法・マネジメントの方法・進路指導における探究ポートフォリオの活用・未来の探究学習をテーマに取り上げ解説する。2部では、授業実践例として、第7章で「中学・高校で探究学習の実践例」、第8章で「『環境探究学研究会』会員による実践例」をあげ、座談会「『探究学習』の未来」と環境探究学研究会の取組みについて紹介する。巻末付録として、評価ツール等も複数掲載しており、充実した一冊となっている。

 定価は2,000円(税別)。8月12日より、全国の書店や、Amazon・楽天ブックス等のネット書店で購入できる。

◆学校教育の未来を切り拓く 探究学習のすべて−PC×Rサイクルによる指導原理と評価法−

発売日:2022年8月12日(金)

出版社:合同出版

判型・ページ数:B5・200ページ

ISBN:978-4-7726-1497-9

定価:2,000円(税別)

【目次】

はじめに

<第1部 探究学習のPC×クロスRサイクルの指導法>

第1章 探究学習のPC×Rサイクルと評価方法

第2章 PC×Rサイクルの中観点別指導方法

第3章 探究意欲(モチベーション)を向上させる方法

第4章 探究授業マネジメントの方法

第5章 進路指導における「探究ポートフォリオ」の活用

第6章 未来の探究学習(2030年予測)

<第2部 授業実践例の紹介>

第7章 中学・高校で探究学習の実践例

第8章 「環境探究学研究会」会員による実践例

座談会「探究学習」の未来

環境探究学研究会の取り組み

おわりに(石田秀輝会長:東北大学名誉教授)
<川端珠紀>