生徒が自ら選んだ教材を無料提供「自立型学習支援コース」2/1より

公開日時:2018-12-06 17:15:03  
カテゴリ:教育・受験/小学生

代表取締役の平澤成臣氏(左から3番目)と学芸大生
代表取締役の平澤成臣氏(左から3番目)と学芸大生
画像出典:16francs
自習空間
自習空間
画像出典:16francs
 小学生・中学生・高校生を対象とした個別指導塾「SecondHomeSpace」国分寺南口校は2019年2月1日、生徒が自ら選んだ教材を無料提供する新サービス「自立型学習支援コース」の提供を開始する。入塾料金や設備利用、教材費は完全無料で、かかる費用は授業料のみ。

 「自立型学習支援コース」は、生徒が自ら選んだ教材を無料提供する新サービス。「教材費購入の家庭圧迫を助けたい」「日本全国の学力低下に歯止めを掛けたい」などといった思いから提供を開始する。

 新コースでは、東京学芸大学の学生スタッフが常に在中し、無差別で通いたい放題の授業方式を実施。わからない単元をその場ですぐ質疑応答し、日付や時間に縛られることのない品質の高い時間を提供する。教材の提供は月に1〜3冊程度を予定。使い終わった教材は、家で復習用に保管できる。

 入塾料金や設備利用、教材費は完全無料で、かかる費用は授業料のみ。料金は、小学生が3万6,000円、中学生が4万4,000円、高校生が5万2,000円(いずれも税別)。季節講習は一切行わない。

 申込みは、Webサイトまたは電話、校舎窓口にて受け付ける。締切りは授業開始1週間前。

◆自立型学習支援コース

日時:2019年2月1日(金)

会場:SecondHomeSpace国分寺南口校(東京都国分寺市南町2-14-6フラッツ秦1階・2階)

対象:小学生・中学生・高校生

締切:授業開始1週間前

料金:

<小学生>3万6,000円(税別)

<中学生>4万4,000円(税別)

<高校生>5万2,000円(税別)

申込方法:Webサイトまたは電話、校舎窓口で申し込む
<桑田あや>