英検新方式、高セキュリティー「テストセンター」設置…2020年度より

公開日時:2019-05-15 13:15:03  
カテゴリ:教育・受験/高校生

日本英語検定協会(英検協会)
日本英語検定協会(英検協会)
実用英語技能検定(英検)
実用英語技能検定(英検)
 日本英語検定協会(英検協会)は2019年5月14日、大学入試英語成績提供システムに対応する英検の新方式のうち、「英検CBT」と「英検2020 1 day S-CBT」の2020年度実施会場にテストセンターを設置すると発表した。テストセンターでの常時実施を目指していく。

 テストセンターは、学校会場に比べて高いセキュリティーレベルにあり、入試対応として公平で厳正な試験を実施するため全国47都道府県に設置する。対象となるのは、大学入試英語成績提供システムに対応する英検の新方式のうち、「英検2020 2 days S-Interview」を除く、「英検CBT」と「英検2020 1 day S-CBT」の2020年度実施会場。高校会場を使用せず、テストセンターで試験を行う。

 詳細については現時点では未定だが、各都道府県に少なくとも1か所以上のテストセンターを設置する方向で、準備を進めている。英検協会は「受験者にできる限り柔軟な受験機会を提供できるよう、テストセンターでの常時実施を目指している」としている。

 英検協会によると、英検の従来型と新方式では、問題形式や内容は同じだが、実施方式が変更となる。「英検CBT」は、「Reading」「Listening」「Writing」「Speaking」の4技能試験についてコンピューターを使って1日で受験。「英検2020 1 day S-CBT」は、「Reading」「Listening」はコンピューターを使用したCBT方式、「Writing」は紙に文字を書くPBT方式で受験する。「Speaking」は、いずれの試験でもコンピューターを使った録音式の試験となる。
<奥山直美>