埼玉県、確かな学力&自立する力育成へ…アクサ生命らと連携協定

公開日時:2024-02-09 17:45:03  
カテゴリ:教育行政/教育委員会

埼玉県
埼玉県
画像出典:埼玉県
 埼玉県教育委員会は2024年2月9日、アクサ生命保険・エフエムナックファイブの2社と「確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協定」を締結すると発表した。両社提供の金融経済教育に関する研究発表会や職業体験を活用し、キャリア教育を推進する。締結式は2月15日。

 埼玉県では、教育に関する県の基本的な5か年計画「第4期埼玉県教育振興基本計画(案)」において、2024年度からの施策目標を10項目掲げている。このうち、目標I「確かな学力の育成」では、ひとりひとりの学力を伸ばす教育の推進、新しい時代に求められる資質・能力の育成など5施策を計画。目標IV「自立する力の育成」では、キャリア教育・職業教育の推進、主体的に社会の形成に参画する力の育成の2施策をあげている。

 埼玉県教育委員会は、今回の連携協定締結により、両社から提供される金融経済教育に関する研究発表会や職業体験を活用することで、埼玉県の金融経済教育のさらなる発展が期待できるだけでなく、キャリア教育の推進においても期待できるとしている。

 協定締結式は2月15日、埼玉県庁第二庁舎4階教育委員会室にて執り行われる。当日は、埼玉県教育委員会からは日吉亨教育長ら3名、アクサ生命保険からは執行役員アクサMCVP推進本部長の笠原芳紀氏、エフエムナックファイブからは代表取締役社長の片岡尚氏が出席予定。
<川端珠紀>